クビナガリュウ

留萌(るもい)方面の
羽幌(はぼろ)へ向かっております

途中「道の駅おびら鰊番屋」で休憩し
荒れ狂う空模様でしたが
松浦武四郎の銅像とオブジェを撮影

このお方が探検し
北加伊道(のちの北海道)と
命名したらしいです

小平町は
カントリーサインとは別に
独自の看板が立てられていて
近くで見ると立体的になってました

小平町で化石が出たことで知られる
クビナガリュウを模した看板
なかなか圧巻です

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次